オミクロン対応の二価ワクチンについて

武漢由来の従来株とオミクロンBA.1(現在のBA.5の元になった株)の二価ワクチンについてですが10月で従来のワクチンから置き換わるようです。

モデルナの入荷が少なく市中の医療機関では原則ファイザーを取り扱うことになります。当院でもファイザーでの予約をするよう体制を変更してまいります。

免疫は成熟することが知られています。3回目を受けることによって抗体を作るB細胞という白血球が成熟して色々なコロナウイルスにも対抗できる抗体を作るようになると考えられます。4回目についても新しくオミクロンBA.1に対する抗体を作るようになることで更なる成熟が期待されます。

是非ブースターを受けていきましょう。

また5-11歳の3回目が始まります。小児に関してもワクチンが努力義務となりました。

親御さんは子供さんがワクチンを受けるよう努めなければならないということです。

強制ではありませんが接種を強くお勧めします。

ワクチンを受けずに流行の波に晒されるということは練習試合やストレッチ無しで本番の試合にのぞむようなものです。

あるいは楽譜を渡されて初見で本番の演奏に臨むという例えでもいいかもしれないですね。

新型コロナに全く準備の出来ていないまま感染するというのは子供の身体に強い負担をかけます。

できれば安全に免疫をつけて万が一の事態にそなえるようにしておきたいものですね。

少し感染の波は落ち着きつつありますがどうかみなさまご安全に。

当真貴志雄

関連記事

  1. 岡山市の感染動向(2022-2023)

  2. 岡山市の感染動向(8/19)

  3. 岡山市の感染動向(8/31)とオミクロン対応ワクチンについて…

  4. ワクチンの効果と岡山の感染動向について

  5. 倉敷市の予約なし接種会場について

  6. 5-11歳の新型コロナウイルスワクチン接種について

PAGE TOP